世界遺産「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群デジタルアーカイブス

文字サイズ 標準 特大
背景色

宗像関連古文書・史料

  • 毛利輝元書状/
文書群名1 八巻文書第6巻
文書群名2
文書名 毛利輝元書状
和暦 (天正十二年)八月二十五日
西暦 1584年 8月 25日
本文 就従上辺言上之趣、可有御上京之由候。仍被成 御内書候。尤珍重候。於様子者、上使柳沢方可有伝說候。此御馳走専一候。恐々謹言。
  八月廿五日   輝元(花押)
 宗像大宮司殿〈御宿所〉
読み下し 上辺より言上の趣に就いて、御上京あるべきの由に候。仍つて 御内書を成され候。尤も珍重候。様子においては、上使柳沢(元政)方伝說あるべく候。此の御馳走専一に候。恐々謹言。
  八月廿五日   (毛利)輝元(花押)
 宗像大宮司(氏貞)殿〈御宿所〉
大意 毛利輝元、足利義昭が幕府の回復を求めるにつき、当社大宮司氏貞にこの旨を伝える。
紙質 斐紙
寸法(縦) 18.1cm
寸法(横) 46.8cm
備考
出典 『宗像大社文書』第1巻